会社情報

代表取締役/医師 橋本将吉

_MG_0413

橋本将吉と申します。普段は内科外来で、総合診療医として働いております。

外来という、医療の最前線の現場では、多くの課題や困難と出会います。それらをヒントに、医学知識を使って、解決したい問題に積極的に取り組んで参ります。

医学の面白さを伝えたい。そんな思いから医学生道場(教育事業)を作りました。

医学の面白さを現場で伝えたい。そんな思いからヘルスリズム(ヘルスツーリズム事業)を作りました。

毎日毎日が新鮮で、学ぶことばかりですが、めげずに挑戦して参ります。

医者の不養生ではないかとよく言われますが、新規事業のヘルスリズムで健康になりますので、応援をよろしくお願いします。

■生年月日:1986年7月28日生(寅年獅子座)

■出身:東京都小金井市

■ニックネーム:しょう(将)さん 社長 先生

■好きなスポーツ:ラグビー、サッカー、フットサル、卓球、テニス、、、なんでも!

■好きな言葉:情、笑顔、礼儀、貢献、仲間、努力、根性、挑戦

 

【経歴】

H14年4月 芝高等学校入学

「遵法自治」の理念の元、ぬくぬくと育つ。恩師の先生方に恵まれ、なんとか卒業。特に、当時の校長先生、担任の先生、副担任の先生、数学の先生、サッカー部の顧問の先生方には、感謝してもしきれません。当時周りに迷惑をかけてでも自分勝手に生きていた自分に、今でも声をかけてくれる仲間には涙が止まりません。

H18年4月 杏林大学医学部医学科入学

なんとか大学には入学したものの、勉強嫌いは相変わらず。ところが、入学半年後に生物好きの親友に出会い、人体の不思議に目覚める。勉強が面白くてたまらなくなる。

少しずつ先輩や後輩に勉強仲間が増え、ますます医学が面白くなる。部活では、ラグビー部・ESS部などに所属し、どんなに迷惑をかけても、しっかり叱ってくれたり、笑いあってくれる仲間に恵まれる。大学で知り合った仲間には、感謝してもしきれません。

H23年5月 株式会社リーフェ設立。教育事業を開始。

入学直後は、絶対に医者にならないでほしい医学生であったが、ふとしたきっかけで医学マニアとなり、人の健康に貢献する医師として働く覚悟が強くなっていく。教育に対する無限の可能性を捨てきれず、教育事業を開始することとなる。一番初めの教え子は現在、都内の大病院のオペ看として、沢山の人に貢献しています。

H24年3月 医師国家試験合格

仲間達と抱き合って泣いたのを覚えている。それぞれが地方の病院に散ってしまったので、年に二回の同窓会のはずが、先延ばしになっている状態。あの時の辛かった勉強が、日本中の人々の貢献につながっていると実感する日々。

H24年4月 北海道八雲総合病院入職

地域医療への興味が強く、合格直後より北海道へ移住。様々な外来を通して地域医療を学び、合わせて月8回の全科当直で救急医療を学ぶ。院長、副院長、産婦人科、外科、内科、眼科、小児科、脳外科、精神科の先生方、看護師さん、理学療法士さん、事務長には特に、本当にお世話になりました。忙しい中、沢山の時間と思い出を頂きました。医学の面白さに加え、医療の楽しさを教えて頂きました。

現在でも地域医療は深刻な医師不足です。リーフェのヘルスツーリズム事業(ヘルスリズム)で、健康教育を通して、どんどん地域貢献と恩返しをして参ります。

H26年4月~現在

医師として、高齢者医療、訪問診療、総合診療、内科外来を通して日々成長中。医師としての経験が浅い分、どんなに時間がかかったとしても、目の前の患者さんの声に耳を傾けることが重要だと考えています。無礼も多い若輩者ですが、努力を続けて参ります。

株式会社リーフェ代表として、医学知識と医療知識を背景に、様々な問題に目を向け、解決して参ります。現在事業としては、教育事業の「医学生道場」、ヘルスツーリズム事業の「ヘルスリズム」を行っております。社会の中では新米事業ですが、努力と根性を武器に、積極的に社会貢献をしていきたいと考えております。応援のほど、よろしくお願いいたします。